フィールドワーク報告書3 パプアニューギニア フィールドワーク

クリックで画像を表示
楽器博物館刊行物



フィールドワーク報告書3です。

◆目次
1.はじめに
2.パプアニューギニア概要
3.セピック川流域の文化と調査の目的
4.パプアニューギニア調査日程
5.地図
6.手持ち太鼓“クンドゥ”
7.割れ目太鼓“ガムラート”
8.精霊の家(ハウス・タンバラン)
9.秘密の竹笛
10.シンシン
11.水太鼓・泥太鼓
12.暮らしのひとコマ
13.研究機関
14.収集資料一覧
15.参考文献

◆調査実施
日 程 : 平成11年9月10日~23日
調査員 : 嶋 和彦(浜松市楽器博物館学芸員・調査チーフ)、佐藤 剛(浜松市楽器博物館学芸員)

◆調査協力
川端 静、クレトス、紺田 隆樹、ジェフ、ジョン、セバスティアン、ニギ、ヤンブン
(五十音順、敬称略)


 サイズ:A5
 ページ数:30

平成13年(2001)年3月24日発行
編集・発行:浜松市楽器博物館
  • 価格:500円

  • 注文数:
  • こちらの商品が再入荷した場合
    メールでお知らせします。
    メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
    告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
    ・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。